日本占い師協会

日本占い師協会では、単なる趣味だった占いを本格的な仕事に変えられる資格が取得できます。これまで積み重ねてきた知識や経験をそろそろ自分自身のライフワークにしてみませんか?

インドの宗教別食事情~日本占い師協会トリビア

日本占い師協会のブログへようこそ!

ここでは日本占い師協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本占い師協会の資格の中に「アーユルヴェーダアドバイザー」という資格があります。

 

インドで食べられるものと食べられないものがあるのには、宗教が関係しています。

 

宗教大国といわれるインドでは、同じ宗教でも個人によってルールが違うこともあるほどなんです。

 

手土産ひとつにしても、相手の食事情を前もって確認しておかないと喜ばれないことがあります。

 

1.ヒンドゥー教

インドでは約80%の人がヒンドゥー教を信仰しています。

 

まず牛肉を食べてはいけません。

 

これは牛を神聖な動物として大切にしてきたからなんです。

 

また人によって違いますが、お酒を避ける傾向があります。

 

あまり大っぴらに誘うようなことはしないほうが無難です。

 

2.イスラム

イスラム教で禁止されているのは、豚肉とお酒です。

 

豚の禁止はヒンドゥー教の牛とは全く逆の理由で、不浄とされていることが理由です。

 

牛はイスラム教自体は禁止されていないのですが、インド全体では避けられています。

 

そのため食べられる肉は羊や鶏肉です。

 

3.ジャイナ教

インド発祥のジャイナ教の信者は、そのほとんどがインドに住んでいます。

 

その数は世界で約500万人。

 

最も重要なことは不殺生と非暴力です。

 

そのため虫を殺さないようにするために、長時間火を使っての調理は控えます。

 

ベジタリアンかというとそうではなく、芋や根菜すら植物を殺す、また掘り起こす時に虫を殺してしまうということで口にしません。

 

もちろん卵も食べません。

 

ジャイナ教の信者が食べられるものは豆や葉物、茎などです。

 

インドの国土面積は日本のおよそ7~8倍にもなります。

 

北は東北地方並の寒さでありながら、南は常夏の気温になるところもあります。

 

同じ国でありながら、宗教だけではなくそんな環境からも食べるものには大きな違いがあるようです。

 

日本占い師協会ではさまざまな占いの資格がとれます。あなたもトライしてみませんか